水瓶座(みずがめ座)の性格診断

水瓶座(みずがめ座)生まれ 1月20日~2月18日生まれ
俗に言う「水瓶座生まれ」とは、太陽が位置する宮のことで、出生図の中で最も大きい影響力を持ちます。
太陽がどの星座にあるかによって、基本的な性格が分かります。
太陽は、本人のアイデンティティーや、人生の価値観と方針を象徴、人生の価値観や生き方、生きがいをあらわします。

水瓶座(みずがめ座)の性格を一言であらわすと、施風です。
水瓶座は、知性を不動のものにして表します。
揺るぎない理念と、宇宙的まなざしで地球を見ていて、理想に満たされ社会に貢献します。
みずがめ座は、友達が多く、何か個性を持っている人を好きになり、
立場や上下関係でなく一人の人間として、関係に依存するのではなく、
心から大切にするので、人的ネットワーク力が生まれてきます。
いつも何かに対して、怒りや疑問を感じていますが、怒りっぽいのではなく知的興奮をするのです。
水瓶座が個性的な理由は、自分で考えたことに節操をつらぬくことと、自分の考えたことは人にも理解してもらえると信じているからです。
人の意見を鵜呑みにすることはなく、自分で考え、吟味し、判断し、定義してそれを信じます。

水瓶座の持つ性質の中で、一番の特徴は、自由への欲求と個性尊重にあります。
人間関係には常に一定の距離を保っていて、感情的にベタベタせず、相手の立場を尊重します。
自分の精神的な自由を大切にするのと同様に、他人の自由をも重要視するのです。
誰にでも友好的でありながらクールな振る舞いは、冷たい人との印象を与える場合もあります。
人類愛や人間性の理解も水瓶座のキーワードです。恋愛においても個人的な愛を越えた普遍的な愛を理想としています
お互いの個性を尊重し、双方の自由を縛り合わない非利己的な愛を求めるのです。
水瓶座の発想は、独創的で斬新すぎるので、周囲から見ると偏屈でエキセントリックに見え、
変わり者のレッテルを貼られることもしばしばです。
水瓶座の守護星は、天王星です。進歩や革命を司るこの惑星の影響により、水瓶座は常に
新しく、未だ誰も足を踏み入れていない世界や進歩的な考えを求め続けます。

水瓶座(みずがめ座)のキーワード
独自の理論で、揺るぎない論理や理屈を固めて、筋を通し、持論のこだわりがあります。
オリジナリティがあり、個性的で、自論があり、独立心旺盛で、自由奔放で、反発的で、常識や固定観念を嫌います。
平等で、偏見がなく、人道主義的なヒューマニスティックで、同志的なつながりを求めます。
友好的でクールで、誠実で、ユニークで、束縛を嫌い、個人を尊重し、個人主義な独自の価値観を持ちます。
抽象的なものへの理解や非因習的なところがあり、論理的で、理想主義で、普遍的で、博愛精神があります。
発明の才があり、科学的で進歩改革的なところがあります。

水瓶座(みずがめ座)のネガティブな気ワード
理屈っぽい・頑固・言い訳がましい・独りよがり・孤立
あまのじゃく・非常識・めんどくさがり・現代否定
エキセントリック・気まぐれ・権威に反抗的・つむじ曲がり・協調性の欠如・屁理屈をこねる・情が薄い
反社会的・ぶっきらぼう・非現実的・突飛な行動をとる・頭でっかち・非因習的
人を苛立たせる・非現実的・実行力不足

水瓶座(みずがめ座)のギリシャ神話
若さと美貌を兼ね備え黄金に輝く肉体を持つガニメーデスは、ゼウスの目に留まり、
神々の宴会でのお酌をすることになりました。
そこでの人気もとても高く、その功績が認められ彼は星座になりました。それが水瓶座です